FC2ブログ
当サイト更新情報
Powered By 我RSS

Top Page > ひきこもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m 更新の励みになります\(^o^)/

人気ブログランキングへ


「雇用流動化」は、単に仕事が変わる、それだけのことではない、と私は思います。
人が生きていくプライドのようなものも、「仕事」は、与えてくれる。
そのプライドに乗っかって、他人を見下げるような人、組織に属することで自分がなにか変わったのかのように感じる人、そのプライドを持つことが当たり前で、逆に不安定な職業という当たり前さを「抑圧」して、不安定な状態の人を攻撃的になじる人、それがむしろ「普通の人」なのかもしれませんが、現実は全くの逆です。
わたしは、職業やプライドの問題は、「能力」の問題ではなく、「包摂」の問題だと思っています。
ひとは集まると、そこに帰属心をもち、プライドを醸成し、独自の明示的・暗示的ルールを作り、「俺たち」と「あいつら」に二分しようとします。
経営者にとっては(わたしも雇う側にたったことがあるので少しは実感していますが)、頭の痛い問題でしょうね。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/7107515/

つまり、帰属する集団が大きくなればなるほど大きな力を発揮できるわけね。
なんの能力が無いオイラでも大丈夫?

ある意味ひきこもりという集団も社会に大きな影響を与えてるね。
そして、テレビなどのメディアの集団は、
私のようなひきこもりを「あいつら」と煽っているわけです。。

集団だけでなく「個」も見てほしいな。

みんな個人個人必ずいいところあるんだから(ただしオイラは除く)。


↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m 更新の励みになります\(^o^)/

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
16歳から20歳までの4年間、自宅に引きこもり、高校には行けなかったという岩井氏は、引きこもりを克服した今、これをテーマとした作品の創出なども行っている。

「全ての引きこもりの方がそうとは思わないんですけど、僕は(外に)出たいし、他者と関わりたいとは思っていましたね。ただ、そのことが自分の中で重大なら重大なほど、失敗することが同じだけ怖くなるということが、どんどんスパイラルしていく。それで他者とすれ違ったらどうしようとか、共感できなかったらどうしようっていう恐怖の妄想が膨らんでいくタイプでした」。

こう話した岩井氏は、「今考えると、現実で他者と会ったら、もう“すれ違うところから始まる”んですけど、それが妄想で家の中で考えている時は、“すれ違ったらお終い”という感覚」と補足した。


引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/7059705/

オイラは他者とすれ違っても構わないと思うタイプひきこもりだよ。
もう人と違う道に進んじゃったから今更どうにもならないw

以下、ネット上の意見


経験から言えるが 精神病になる人 人と普通に接することができない人 孤立する人 犯罪を犯す人 皆脳の欠陥が原因。

家に引き篭もってるから「ひきこもり」 外に出て遊びたいのならタダの不良息子。

人間が「他人と関わってハッピーになれる人」と「他人と関わると鬱になる人」に分かれるのは事実です。


常日頃から、周りが自分よりも数段優れた人たちだと感じてるから、劣等感を感じて鬱になるのかも。
私の辞書に「自信」という文字はありませんw


↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m 更新の励みになります\(^o^)/

人気ブログランキングへ



Top Page > ひきこもり

外部リンク更新情報
Powered By 画RSS

PAGETOP

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。