FC2ブログ
当サイト更新情報
Powered By 我RSS

Top Page > スポンサー広告 > 30代と60歳以上の受益格差は6000万円以上にTop Page > ニュース > 社会 > 30代と60歳以上の受益格差は6000万円以上に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m 更新の励みになります\(^o^)/

人気ブログランキングへ


10月31日、金融広報中央委員会(事務局・日銀)は、2012年の「家計の金融行動に関する世論調査」を発表した。この調査で「単身世帯に金融資産の保有目的」について尋ねたところ、将来不安の高まりを反映してか「老後の生活資金」との回答が47.1%と最も多かったという。平均保有額は、単身世帯では前年比59万円増の「700万円」、2人以上世帯は同42万円減の「1108万円」となった。

 多くの人が収入は伸びないなか、日々の生活で節約したりし、平均して毎月3万~5万円ほど将来・老後のために貯蓄していることがうかがえる。
そして城氏は、「30代と60歳以上で、生涯6077万円もの格差がある」という、驚愕のグラフを提示している。
これは、年金や医療・介護などの形で国から受け取る「受益」と、国へ支払う「負担」の差額をグラフ化したもので、「生涯における純受益額」(受益と負担の差額)である。
60歳以上の世代が受け取る生涯の純受益額は4800万円以上のプラスだが、30代の純受益額は約1200万円のマイナス(つまり1200万円の負担!)と、高齢者と30代で6000万円以上の格差が生まれていると指摘している。



引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/7105461/

単身世帯でさえも700万円も貯金があるのか。結構みんな蓄えてるんだね。
オイラはほとんど貯金がないけどな orz
でも、家に生活費として入れるお金以外はやっぱりほとんど使わないなぁ。
自分がほしいもののために使うのはお金は月3000円未満だと思う。

「中学レベルが!」

って言われそうですがw

働いていた時も全くといっていいほど使わなかったなぁ。
というか使う時間がなかったのが正解かもw

バブル世代や団塊の世代が羨ましいよ。
自分が物心ついたときは既にバブル崩壊してたからリッチな生活というのが分からない。

まあ、ひきこもってるしお金を使う機会もほぼないからどうにでもなれ!って感じだけど。


以下、ネット上の意見


若者にお金も仕事も負但させ過ぎ

人口が少ないんだから当然のこと。若年層の人口が少なくなっているのが最大の悪因

でかい会社に入ったら生涯安泰って時代じゃないんだよね。個の時代だね。全責任は自分。

年寄の年金を現役世代が保険料として払って財源を賄っているのに、その老人が年金もらいながら働いて職場で若者いじめてちゃ世話ないよな。

世代間格差がますます深刻になりますね。


オイラも少子化が最大の原因だと思う。
自分も結婚してないから何も言う権利なんて無いけど、
悪いスパイラルに入っていると思う。

不景気 ⇒ お金がない ⇒ 男女とも働くしかない 
⇒ 教育費がかかるから子供を産めない ⇒ 子供の数が減る
⇒ 労働者が減る ⇒ 更に不景気

不景気 ⇒ 働く場所がない ⇒ 結婚できない 
⇒ 当然子供はいない ⇒ 子供の数が減る
⇒ 更に不景気

デフレ・スパイラルと同じで中々抜け出せない。


↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m 更新の励みになります\(^o^)/

人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

Top Page > スポンサー広告 > 30代と60歳以上の受益格差は6000万円以上にTop Page > ニュース > 社会 > 30代と60歳以上の受益格差は6000万円以上に

外部リンク更新情報
Powered By 画RSS

PAGETOP

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。